60歳以上でご退職される場合

60歳以上でご退職される場合、企業型に残って運用指図者として運用を継続することができます。※
また、個人型に移換し、運用指図者になることができます。

積立金をお受取りになる場合は、60歳までの通算加入者等期間に応じて、積立金を受取れる年齢が変わります。

通算加入者等期間 お受取り可能な年齢
10年以上 60歳
8年以上10年未満 61歳
6年以上8年未満 62歳
4年以上6年未満 63歳
2年以上4年未満 64歳
1ヵ月以上2年未満 65歳

上記表のお受取り可能な年齢である場合、「わたしの確定拠出年金サポートサイト」内にある「60歳以上でお受取りになられる方へ」をご覧ください。

※ なお、企業型確定拠出年金規約において個人型確定拠出年金への同時加入を認めている場合には、両方に加入することが可能です。両方に加入していたことがある場合には、通算加入者等期間を合算することが可能となり、お受取り可能な年齢が早まる可能性があります。

※ 職種変更(社員から役員やパートになるケース)によって、加入者資格を喪失した場合等には、企業型に残れない場合があります。

60歳以上でご退職される場合

通算加入者等期間 お受取り可能な年齢
10年以上 60歳
8年以上10年未満 61歳
6年以上8年未満 62歳
4年以上6年未満 63歳
2年以上4年未満 64歳
1ヵ月以上2年未満 65歳